261897795618135
 

高糖度トマトのアグリハウス式栽培V3.29、小規模トマト栽培システム 光合成に必要な光の強さは2万LUX

 光合成は葉っぱの葉緑素のなかで化学反応が行われます。この時にエネルギーとして太陽光が使われますが、トマトが最低限生きていくのに必要な光の強さがあります。。光補償点と言われ、約2000LUXです。室内だと明るいと思っても、500LUX以下ですので、室内栽培には特別な配慮が必要です。

 トマトが十分に成長するには2万LUX必要です。屋外では直射日光が当たれば10万LUX、雨の日では5000LUXありますので、トマトの栽培は基本的には屋外栽培になります。光飽和点は3万LUXですが、これ以上光が強くても、光合成量は増えない強さです。ハウス内では屋外より少し弱まりますが、成長には十分な光が確保できます。



閲覧数:1回0件のコメント