261897795618135
 

高糖度トマトのアグリハウス式栽培V3.28、小規模トマト栽培システム 光合成は13℃から30℃

 作物が成長するには光合成が促進されていることが大切です。施設栽培でも家庭菜園でもこの光合成が十分でないとうまく栽培できません。光合成の要素に光、水、二酸化炭素が必要ですが、光合成は化学反応であるため、温度も重要な要素です。

 特に、施設栽培ではこの温度を確保するため、ハウスにしているわけですが、真冬には暖房を利用しますし、真夏には日除け、風通し対策で温度を確保します。小規模施設は投資を抑えるため、真夏の栽培はしないとしています。真冬は暖房ストーブを設置し、温度確保に努めます。

 光合成は13℃から30度ですが、小規模栽培では真冬には最低7℃を確保を目指しています。トマトが最低限生き延びることができるようにしています。



閲覧数:4回0件のコメント